HOME > ブックス > ブックスニュース > 『過去問ダイレクトナビシリーズ』を徹底解剖!

『過去問ダイレクトナビシリーズ』を徹底解剖!

過去問ダイレクトナビシリーズを徹底解剖!
~その特長とオススメの使い方~


過去問ダイレクトナビ書影

『過去問ダイレクトナビシリーズ』の試し読み・ご購入はこちら

資格試験研究会 編●定価:本体1300円+税
政治・経済日本史世界史地理物理・化学生物・地学



★「過去問ダイレクトナビ」シリーズの特長



◎誤りの箇所を赤文字で修正済み!
・問題中の誤りを含む箇所を指摘し、問題文に直接赤文字で正しい内容を書き記す「正文化」を行っています。(※1)
・正誤判断のカギとなる知識を、過去問からダイレクトに学ぶことができます。
・普通の過去問集を自分で「正文化」していくのは時間も手間もかかりますが、本シリーズはすでに正文化済みなので、そのまま読んでいくことができます。
・問題の構造を読み解くことができるので、問題の作り方のクセや、ヒッカケのパターンなどもある程度わかるようになります。
(※1)正文化=記述中の誤りの部分を正しい内容に修正したうえで、過去問から直接必要となる知識を学ぼうとする公務員受験生の間では人気の学び方の一つ。

正文化

◎余白多めの見開き展開!
・左ページ=問題、右ページ=解説の見開き展開なので、問題と解説を照らし合わせやすくなっています。
・余白やメモ欄に自分なりの書き込みができます。

見開き

◎付属の赤いセルシートを使えば、問題演習もできる!
・赤色シートを本文の問題上に敷いて見ると、修正された赤文字や正答印が消えるので、普通に問題演習をすることもできます。
・個人的に書き込みをする際にも、ピンク色やオレンジ色の水性ペンを使うと、同様に赤色シートをかぶせると見えなくなります。
赤いセルシート付き

◎巻頭には最新年度の過去問を掲載!
・最新の試験から注目すべき問題を8問選んでいます。




★「過去問ダイレクトナビ」シリーズの解説ページ



◎基本的には、左ページだけで完結できちゃう
・本シリーズでは、左ページの問題文にすでに正誤のポイントが記されているわけなので、あえて右ページの解説を見なくても答え合わせはできてしまいます。
・というわけで、本書の右ページにある「解説」は、どこが間違っているかというポイントではなく、補足説明が主になっています。

◎積極的に書き込んで、オリジナルの参考書に仕上げよう!
・右ページには、解説中の空欄とメモ欄があるので、そこをどう使うかがポイントです。
・書き込みをする際には、ピンク色やオレンジ色の水性ペンを使うのがオススメ!赤色シートをかぶせると見えなくなります。
・空欄に直接答えを書き込んで通読できるようにしたり、メモ欄に重要ポイントをリピートして記してみたり、自分なりに調べたことを書き記してもよいでしょう。

解説ページ