HOME > ブックス > ブックスニュース > 『スピード解説シリーズ』を徹底解剖!

『スピード解説シリーズ』を徹底解剖!

スピード解説シリーズを徹底解剖!
~その特長とオススメの使い方~


スピカ書影

『スピード解説』の試し読み・ご購入はこちら

資格試験研究会 編●定価:本体1500円+税
判断推理(刊行予定)/数的推理図形・空間把握文章理解資料解釈憲法行政法民法Ⅰ民法Ⅱ
政治学・行政学国際関係ミクロ経済学マクロ経済学



★スピード解説シリーズの特長



◎過去問を「早解き」できる!
・素早く正答を見抜くポイントがわかるようになっています。
・解説も極力単純化しているので、クドクド文章を読まずに済みます。

◎問題集の「早回し」で実力アップ!
・サラッと進められるから無理なく最後まで到達できるようになっています。
・何度も何回も繰り返し復習できるので、重要科目の短期攻略が可能です。
・時間をかけずに学べるので、初めて学ぶ人にも、試験直前の追い込みにも最適です。

◎難問を排除!基礎レベルで学びやすい!
・地方上級・市役所・国家一般職[大卒]レベルに合わせて、試験によく出る基本問題を厳選しました。
・問題の分量も100問程度と、こなしやすくなっています。

◎学習しやすいレイアウト!
・問題演習は、「左ページ=問題」「右ページ=解説」という見開き構成です。
・問題と解説が近く、両方を行き来しやすいので、勉強がはかどります。
・本を開いたまま置ける、柔軟で丈夫な製本を採用しているので、電車の中などで折り曲げて読むこともできます。

スピカ本文見開き


★スピード解説シリーズのコンセプト



●公務員試験対策はスピードが命!

「科目数が多くて範囲も広いので、勉強する時間が足りない!」
「試験も時間が全然足りなくて、全問なんて絶対解けない!」


そんな受験生の声に応えるべく、本シリーズは、

・科目を攻略するスピード
・問題を解くスピード


この2つを上げることを念頭に置いて作られています。
この2つのスピードが上がっていけば、必然的に実力も得点も上がっていくのです。

公務員試験の対策は、スピードが命です!


●勉強に対する意識改革が必要!思い込みを捨てよう!

スピードを上げるのに何が必要かといえば「ちゃんとやらなきゃ!」という思い込みを捨てることです。
まずは公務員試験の勉強に対する考え方を変えましょう。


◎本番の試験で6~7割取れればボーダーラインを突破できる!
→隅から隅まで理解しなくてOK! 難問は解けなくてOK!

◎過去問集の問題は全部解かなくてもいい!
→わからなければすぐに解説を見てOK!
→問題集を「テキスト」として読み込め!

◎ちょっと考えてもワカラナイところは飛ばしてしまえ!
→最初から理解しようとウンウン悩んでいては先に進めない!
→順番にやる必要なし! できそうなところから始めよう!

◎細かいところは気にしない!
→とりあえず大枠をつかむことが大事! 細部は大枠をつかんでから!


公務員試験で出題される各科目の勉強は、「その科目を深く理解する」ことが目的ではありません。
ぶっちゃけていえば、学問的に完全な理解ができなくても、問題が解ければいいのです! 合格点が取れればいいのです!

公務員試験においてどの科目においても求められているものは、膨大な情報の中から必要なものを的確に要領よく選別し、それを論理的に組み立てることで正答を導き出す能力です。
単に個々の知識を暗記するのではなく、このような普遍的な応用力を身につけるためには、過去問からダイレクトに学んでいくのが一番早いのです!


●早解き×早回しで短期攻略!

「わからないところを飛ばして解説を読んじゃったら、すぐ終わっちゃうだろ!」
「そんなんで勉強になるの? 力がつくの?」


と思う人もいるでしょうが、それでいいのです。
肝心なのは「繰り返す」ことです!


◎本書を何度も繰り返すことで力がつく!
→繰り返し読んで繰り返し思い出すことで、知識が定着していく!
→繰り返し取り組むことで、だんだんコツがつかめてくる!

 ◎何度もやっていると知識が常識化していく!
→選択肢の文を見ただけで、瞬時に正誤判断できるようになる!

◎わかっているところが多くなると、さらに早く回せるようになる!
→常識化したところは読み飛ばせるので、もっと早く読めるようになる!
→知識が増えると、以前わからなかった部分がわかるようになる!


これは、勉強法アドバイザーの宇都出雅巳先生が推奨している「高速大量回転法」に即しています。
問題集をわからないところで止まらずに素早く読んで、何度も何度も繰り返すことで、だんだんとわかっていくという学習の方法論です。
問題集を高速で回すことで、素早く解ける力が身につく一石二鳥のやり方なのです!


●地方上級・市役所試験がメインターゲット!

「イキナリ『新スーパー過去問ゼミ』に取りかかるのはキツイなあ…」
「市役所しか受けないから国家総合職の問題とかいらないんだけどなあ…」



そんな声も多かったので、本シリーズは、地方上級・市役所レベルに合わせて学習効果の高い過去問を厳選して掲載し、解説は、スピードアップのコツなどを盛り込みつつも、シンプルでわかりやすい形になっています。

今までの過去問集よりも軽い感覚で取り組めて、素早く科目を攻略して素早く実力を身につけることができる……、それが『スピード解説シリーズ』です!

フツーに問題文を読んで、一生懸命それぞれの選択肢の正誤を判断して、答え合わせをしてから丁寧に細かいところを確認していく……。こんな勉強をしていては、時間がかかってなかなか進まないうえに、ポイントが頭に入らず得点もなかなか伸びません!
本シリーズを使って「早解き×早回し」の意識を持って、効率よく公務員試験を攻略してください!



★スピード解説シリーズの基本構成



本シリーズには、素早く問題を解くための知識とワザが随所に盛り込まれています。


●科目の学び方

まず、冒頭では、その科目の特徴を紹介するとともに、本書を使用して効果的・効率的に学習を進めるためにはどうしたらいいかについて述べられています。
公務員試験ならではの注意点、公務員試験全体の出題傾向にも触れています。

●出題のポイント

各テーマの冒頭には、出題の傾向とその対策について、テーマの全体像のつかみ方、どの部分をどの程度理解すればいいか……など、知っていると学習の効率がグンと上がるような情報をまとめています。まずは攻略のポイントを押さえましょう!

出題のポイント

●問題と解説

問題演習は、「左ページ=問題」「右ページ=解説」という見開き構成で、問題文と解説文をそれぞれ参照しやすいようになっています。

問題のページ


解説のページ




★スピード解説シリーズの活用法



①まずは目次をチェックして覚える!

目次は、その科目の「地図」のようなものです。
科目全体がどういう構成になっているのかを最初に頭に入れておくことで、道に迷ってしまったり、立ち止まってしまったりすることが防げます。

②最初はわかるところだけやっていく!

まず1~2回転目は、なんとかわかるくらいのところを読み、わからないところは「ここはわからない」と確認しつつ先に進みます。
初めのうちはだれでもわからないところが多くて当然なので、軽くザックリとまずはひととおりやってみてください。「覚える!」とか「問題を解く!」というよりは、科目の全体像をつかみ、科目に慣れるのが目標です。
「今すぐ理解しなくちゃ!」ではなく「そのうちわかるようになるだろう」という意識で臨んでください。

③繰り返し読んで実力をつける!

わからないところを飛ばして進めていくだけでは、わからないところはわからないままです。そこでポイントとなるのが「繰り返し」です。
わからないところで止まらないので、繰り返す余裕が生まれます。その余裕を生かして何回も繰り返して読むのです。
わかるところは何度も読むので、どんどん「当たり前=常識」になってきて、読むスピードが早くなります。また最初はわからなかったところも、何度も見ているうちにだんだんとなじんでくるので、徐々にわかるところが増えていきます。

④わかったところは消す! 足りないところは直接書き込む!

何度も繰り返し読んで繰り返し思い出すことで知識が常識化したら瞬時に正誤判断できるようになるので、その部分はもはや読む必要がなくなります。もう×で消してしまいましょう。
逆に何度やっても覚えられないところは、ポイントを太ペンで書いたり、足りない情報を補ったりして目立たせます。そうしていくと、徐々に消せる箇所が増えて、理解できる箇所も増えていきます!

⑤本書を汚してボロボロにする!

本書をキレイに使ってはいけません。遠慮なく直接ガンガン書き込んでください! 章ごとにバラしてさらに軽くするのもオススメです! 本書を自分なりにアレンジしながら、目一杯使ってください。
何度も取り組んで本書がボロボロになった頃には、「○分で解ける!」という目標解答時間をも上回るスピードで問題が解けるようになっているはずです!