HOME > ブックス > 自分で考えて動ける子になるモンテッソーリの育て方

ブックス

自分で考えて動ける子になるモンテッソーリの育て方  新刊

100年前のイタリアで生まれた、こどもが自発的に行動できる力を引き出す教育法。0~6歳のお子さんを持つママさん必読!

著者 上谷 君枝
石田 登喜恵
ジャンル 教育 学習参考書 > 子育て 教育
書店発売日 2018/06/20
ISBN 9784788914780
判型・ページ数 4-6・175ページ
定価 1,300円+税
 

目次

CHAPTER0 「モンテッソーリ教育」ってなあに?
CHAPTER1 こどもを伸ばす親の心がまえ
CHAPTER2 こどもがスクスク育つ親子の行動習慣
CHAPTER3 【ためになるモンテッソーリ理論】0~3歳、3~6歳はどう発達するの?
CHAPTER4 【ためになるモンテッソーリ理論】知ると見方が変わるこどもの「敏感期」
CHAPTER5 「こんなときどうしよう?」お悩みシーン別モンテッソーリ流解決のヒント
付録 1人で着替えやすいおすすめアイテム

内容説明

東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター所長・松本静子氏推薦!

モンテッソーリ教育は、日本では藤井聡太棋士を育んだ“こどものポテンシャルを大きく引き出す”として注目の教育法です。
20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案され、ウィリアム王子やジョージ王子(英国王室)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)、ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者)、ジョージ・クルーニーなども受けた世界標準の子育てメソッドです。

親はすぐ助けるのではなく、ギリギリまで見守ることで、こどもの「1人でできた!」を育むことができます。
この小さな達成感、自己肯定感が、お子さんの思考力・学習能力の発達に大きく影響するのです。
本書を参考に、“自分で考えて動ける”お子さんを育くむヒントとしてください。


【著者紹介】
上谷君枝(かみや・きみえ)
「モンテッソーリ 久我山こどもの家」園長。1985年に東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンターにて、3-6歳モンテッソーリ国際教師資格(ディプロマ)を取得。88年に「自然の中でのモンテッソーリ教育 高尾こどもの家」を開園。現在は「モンテッソーリ 久我山こどもの家」を運営。33年間、モンテッソーリ教師として、お子さんがよりよい人生を選択できるよう、自立した人生を送ることができるよう、おかあさま方のお手伝いをしている。また、カンボジア西部バンテイメンチェイ州で小学校づくりに参加するなど、活動の場を広げている。共著者の石田登喜恵さんはご息女。

石田登喜恵(いしだ・ときえ)
「モンテッソーリ 久我山こどもの家」教師。「モンテッソーリ 善福寺子どもの家」に通い、モンテッソーリ教育に出会う。共立女子短大卒業後、イギリスに留学。帰国後自らの根幹であるモンテッソーリ教育を学ぶために、東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンターにて、3-6歳モンテッソーリ国際教師資格を取得。横浜、上海の「美しが丘こどもの家」で勤務した後、高尾こどもの家に勤務。0~3歳までの乳幼児期の重要性を痛感し、アメリカデンバーAMIモンテッソーリ乳児アシスタントコースにて0-3歳モンテッソーリ国際教師資格を取得。06年、久我山こどもの家インファントクラスを創設し、現在に至る。