HOME > ブックス > プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術

ブックス

プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術

50歳を目前、プロトレイルランナーとして走り続けた著者が贈る、レース・人生・仕事で結果を出す方法!

著者 鏑木 毅
ジャンル 生活実用 教養 語学 > 生活実用 > 趣味 実用 自己啓発
書店発売日 2018/05/01
ISBN 9784788914681
判型・ページ数 4-6・218ページ
定価 1,400円+税
 

目次

はじめに -僕は絶対にあきらめない-
第1章 本番までにできることはすべてやる -成果を出すトレーニング-
第2章 集中力を極限まで高める -勝負どころのメンタルマネジメント-
第3章 つねに考えながら走る -実力を出し切る方法-
第4章 自分の限界を超える -サバイバルレースを走り抜く方程式-
第5章 結果を次につなげる -本番後の学びと回復力-
第6章 開拓者として生きる -プロトレイルランナー、レース運営の哲学-
第7章 これからも走り続ける -50歳からのリスタート-

内容説明

人生においても、仕事においても、
いざというときに真の実力を出せるかどうかは、
それまでくぐってきた修羅場の数で決まる。

決して強い人間ではなかった鏑木毅が
なぜ極限のウルトラトレイルの世界で
トップランナーになることができたのか?

・自分の限界を引き上げる力
・どんなに苦しくてもあきらめない心
・何回失敗しても折れない心

プロトレイルランナー鏑木毅が教える、
100マイル(160キロ)を走り抜いて培った、
“結果を残す”コツ!


【著者紹介】鏑木毅(かぶらき・つよし)
1968年、群馬県生まれ。プロトレイルランナー。 群馬県庁で働きながら、アマチュア選手として数々の大会に出場し優勝。40歳でプロ選手となる異色の経歴を持つ。
2009年、世界最高峰のウルトラトレイルレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(通称UTMB、3カ国周回、走距離166km)」にて世界3位。また、同年、全米最高峰のトレイルレース「ウエスタンステイツ100マイルズ」で準優勝など、49歳となる現在(刊行当時)も世界レベルのトレイルランニングレースで常に上位入賞を果たしている。09年の「UTMB」、16年の「ウルトラ・フォヨルド」に挑んだ様子はNHKドキュメンタリー番組として放送される。
11年に観光庁スポーツ観光マイスターに任命される。現在は競技者の傍ら、講演会、講習会、レースディレクターなど国内でのトレイルランニングの普及にも力を注ぐ。アジア初の本格的100マイルトレイルレースであり、UTMBの世界初の姉妹レースであるウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)の大会実行委員長を務める。自らがプロデュースしたトレイルレース「神流マウンテンラン&ウォーク」は12年に過疎地域自立活性化優良事例として総務大臣賞を受賞。疲弊した山村地域の振興、地域に埋もれた古道の再生など地域を盛り上げるモデルケースとなっている。
19年に50歳で再びUTMBに挑戦することを表明。NEVERプロジェクトとしてその挑戦を伝えていく。

http://never.trailrunningworld.jp/

主な著書に『極限のトレイルラン』(新潮社)、『日常をポジティブに変える究極の持久力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『低糖質&抗酸化ランニングのすすめ』(菊地恵観子氏との共著。弊社刊)がある。