HOME > ブックス > 儲かっている会社はいま何を考えどう行動しようとしているのか

ブックス

儲かっている会社はいま何を考えどう行動しようとしているのか

創業して生き残っている企業は10%未満。儲かっている会社と儲かっていない会社、その決定的な違いはどこにあるのか。徹底解説!

著者 新井 庸志
ジャンル ビジネス 経営 経済
書店発売日 2018/02/28
ISBN 9784788911468
判型・ページ数 4-6・214ページ
定価 1,500円+税
 

内容説明

儲かっている会社と儲かっていない会社、その決定的な違いはどこにあるのか。

創業して10年後まで生き残っている企業は、実に10%未満!
逆に言えば9割の企業は倒産の憂き目にあっている。
シャープや東芝など旧来型の大企業が次々と倒れる21世紀の戦国時代にあって、それでもチャンスを掴み、確実に利益を出し、成長を続ける企業がある。
儲かっている会社と儲かっていない会社、この違いはいったいどこにあるのか。
多くの新進企業の戦略立案に関わってきた気鋭のマーケティングコンサルタントが、定点観測から見えてきた、「儲かる企業」「生き残る企業」の思想と行動について徹底解説する。
 

【本書で取り上げた16社】
あきんどスシロー
日本交通
売れるネット広告社
タイムマシン
Schoo
エー・ピーカンパニー
俺の
エアークローゼット
RIZAPグループ
オトコネイル
ラッキーピエログループ
スーパーホテル
まるか食品
星野リゾートホールディングス
ユー・エス・ジェイ
マザー(順不同)


【著者紹介】新井庸志(あらい・やすし)
マーケティングコンサルタント。大手広告代理店にて、国際的なエレクトロニクス企業のアカウントの統括や、アジ アパシフィック地区のディレクターを経験。最高賞を含む社内表彰を多数受賞。その後、外資系企業にて広報関連のコンサルティングサービス業務のマネージャーに就任。2007年株式会社ホワイトナイトを設立。企業への戦略立案、経営、PR、ソーシャルメディアまで、マーケティングに関するあらゆる側面からのサポートを提供し、契約企業のうち95%以上を成功へと導いている。 雑誌「日経ビジネス」「財界」などへの執筆協力を含むテレビ、新聞等メディア出演も多数行う。また、行政、政府関連機関、広告主企業での講演・講師実績も多数。日本最大の情報サイト、Allaboutのマーケティング部門の公式ガイドも務める。