HOME > ブックス > 一生疲れない人の「脳」の休め方

ブックス

一生疲れない人の「脳」の休め方  新刊

脳神経外科医が教える

一生疲れない人の「脳」の休め方

忙しく働く日本人に向け、現役脳神経外科医が教える「正しい脳の整え方」。睡眠だけではない回復方法をわかりやすく解説!

著者 菅原 道仁
ジャンル 生活実用 教養 語学 > 生活実用
書店発売日 2017/12/01
ISBN 9784788914469
判型・ページ数 4-6
定価 1,500円+税
 

目次

Lecture0 あなたの休息法は9割間違い
Lecture1 不調の原因は「脳」にあり
Lecture2 脳を休ませる意味を正しく理解する
Lecture3 こんな脳の使い方が疲れを引き起こす
Lecture4 正しい睡眠×瞑想=最強の休息法
Lecture5 正しい休息が折れない心を育てる

内容説明

「脳」を制する者が、人生を制す。

欧米のビジネスパーソンを席巻中の「マインドフルネス(瞑想)生活習慣」が日本でも浸透しています。しかし、最も大切な「なぜそうなるのか」を熟知した脳の専門医による著書はありません。そこで、現役脳神経外科医として日々臨床現場にあたる著者が、日々忙しく働く日本人に向け、マインドフルネスを用いた「正しい脳の整え方」をわかりやすく伝えます。睡眠だけでは回復しずらい疲労が着実に消えていくことを、納得しながら実感できる一冊です。


【著者紹介】菅原道仁(すがわら みちひと)
「目標達成のための生き方」をサポートする脳神経外科医。菅原脳神経外科クリニック院長。杏林大学医学部卒業後、新宿の国立国際医療研究センーに勤務。20代をクモ膜下出血や脳梗塞といった緊急脳疾患の治療に捧げる。 2000年、脳神経外科専門の北原国際病院に移り、30代を救急から在宅までの一貫医療を提供できる医療システム構築に捧げる。その診療経験をもとに「人生目標から考える医療」スタイルを確立、2015年6月に菅原脳神経外科クリニックを開院。「誰もが人生を楽しむための医療」を目指し心や生き方までサポートする予防医学に励む姿が反響を呼び、「ホンマでっか!? TV」など、メディアへの露出が増えている。著書は3万部を突破した『そのお金のムダづかい、やめられます』(文響社)、『成功の食事法』(ポプラ社)など多数。

関連記事