HOME > ブックス > すぐれた判断は「統計データ分析」から生まれる

ブックス

すぐれた判断は「統計データ分析」から生まれる

仕事の突破口を見つける数字の意味のつかみ方

目次

PART0 データに騙されず、データを活かす!
PART1 「数字に意味を込める」と1つ上の仕事ができる
PART2 「先手を打つ」ために仮説を立てる
PART3 ランキングから売上を推測する
PART4 「分布」を知ると全体が見えてくる
PART5 「偶然かどうか」を判断するには
PART6 一見「差のないデータ」、さてどう読む?
PART7 どんな関係があるかは「相関」から見つける
PART8 予測する技術「回帰分析」

内容説明

もういい加減、売上などの数字を表にまとめるだけの仕事から抜け出そう!
データを真に読み解くことができれば、新しい課題が見えてくる。

本書は、「数字に意味を込める」「事実と意味を明確に分ける」
「仮説・検証サイクルに乗せる」をベースに実践的なデータの扱い方を解説。

業界ランキングから売上高を推測する、仮説を掘り下げる、
自社の大事なファンを相関データから見つける……などなど、
統計データ分析を身につければ、
さまざまなケースで仕事を決定づける判断力を発揮できる!


【著者紹介】中西達夫(なかにし たつお) 
1966年東京都生まれ。筑波大学大学院理工学研究科中退。
半導体、ゲームソフトウェア、オープン系システムの開発に携わる。アマゾンよりも先に日本初のレコメンデーション・システムを開発。それを機に統計解析の世界に入る。現在は(株)モーション専務取締役かつデータ・サイエンティストとして、統計手法を応用したシステム開発、ビッグデータのコンサルティング活動を行なっている。
主な著書に『武器としてのデータ分析力』(日本実業出版社)、『統計データをすぐに分析できる本』(アニモ出版)などがある。

関連書籍

なぜか惹かれるふしぎな数学

なぜか惹かれるふしぎな数学

さあ、数学をめぐる冒険に飛び立とう!

著者:蟹江 幸博
立ち読み